おなかの科学 Archive

良薬、腸に悪し?

プロトンポンプ阻害薬(PPI)は胃潰瘍や逆流性食道炎に効果がある薬です。米国では市販薬として、日本でも多くの医療機関で日常的に処方されています。しかし、PPIが腸内細菌の働きを弱めてしまう可能性が示されました。
Read More

腸内細菌を洗い流すとどうなる?

腸内細菌は生後数日経たないうちに住み着き、死ぬまでずっと体内に居着きます。「腸を洗ったら、菌の量や種類は変わるのか」、そんな素朴な疑問をよく耳にします。今回は大腸内視鏡検査で液体下剤を内服した人の、腸内細菌を調べた研究を […]
Read More

漢方薬はお腹に効く?

漢方薬は4000年の歴史を持つ薬剤です。西洋薬と異なり、ほとんどが自然界にあるものが原料です。組み合わせにより、多くの効能が確認されていますが、薬剤効果研究について、大きな問題点があり客観的なエビデンス構築が進んできませ […]
Read More

健康な人の便は特効薬になる?

数年前より、健康な人の便でおなかの病気を治す治療法の研究が静かに盛り上がってきています。腸内の環境を変えてあげることで、腸の炎症や悪さをする菌を住みにくくすると考えられています。今回は、炎症性腸疾患の一つ、潰瘍性大腸炎の […]
Read More

お腹と心、免疫の関係

疲れていたり、ストレスがかかっていると風邪をひきやすい。このような話を聞いたり、体験した方はいらっしゃるのではないでしょうか。感染性腸炎後、過敏性腸症候群に進展するケースが多数報告されています。どうやら、心と免疫に関係が […]
Read More