おなかを壊しやすい人は食事を抜くことが多い?

過敏性腸症候群などの患者さんと話すと、「特に朝食などの食事を抜くことがある」と言われることがあります。

以前、「腸の動き24時間」の記事でもお話しましたが、朝や食事後は消化管が動きやすく、過敏性腸症候群などの腹痛、便意が起きることが多いことが知られています。

しかし、実際におなかが痛くなることを避けるために、食事を控える習慣がある方がどれほどいらっしゃるのか、よくわかっていません。そこで是非以下のアンケートにご協力頂けましたら幸いです。

1)食事の行動におなかの症状が影響していますか?

お腹を壊しやすい方(月に3回以上、腹痛とトイレに駆け込みたい便意を生じる)へ。

View Results

Loading ... Loading ...

 

2)1)で「食事を抜くことがある」とお答えの方

どの食事を抜くことが多いですか?(1番多いもの1つ)

View Results

Loading ... Loading ...